<< 春のフィナーレ 藤の花 | main | 京の手わざ 針金細工 >>

大将さんのちまき

マンションのベランダのあちこちでかわいい鯉のぼりが泳いでいます。
今度の日曜日は5月5日、こどもの日。端午の節句、男の子のお祝いの日です。

端午の節句の「端」とはハシ、はじまりのこと。
したがって端午とはその月のはじめての午(うま)の日という意味の使われかたで、本来は毎月あったのが、午の字が「ご」とも読めるところから5月5日のことが端午の節句と呼ばれるようになったとか。

鯉のぼりと共に端午の節句に欠かせないのが武者人形。
京都では大将人形とも呼び、大将さんにはちまきとか かしわ餅を供えます。

ちまきは、もとは茅の葉で巻いたために「ちまき」と呼ぶようになりました。
八坂神社などの夏越祓の行事、茅の輪くぐりで知られる茅には
厄除けの意味があるとされてきたのです。
ちまきは江戸時代に入り、いつしか笹の葉で巻かれるようになりました。
京都では京都だけにある熊笹と呼ばれる葉の大きな笹が使われます。
この熊笹にもち米粉を熱湯でこねて円すい形のおだんごにして、
笹の葉で巻いてイ草でくるくるとしばり熱湯でゆがくと、
笹の香りがちまき全体をつつんで出来上りです。
この笹の葉には香りと共に防腐の役割もあるそうです。

そして京都でちまきといえば、町家の玄関の上に必ず飾られている祇園さんのちまき。

「蘇民将来子孫也」と記した厄除けのちまきが、京都では祇園祭の当日鉾から投げられたり、鉾町で買い求め無病息災を願って玄関の上にかかげておくのです。
ちなみにこのちまきは大将さんのちまきと違って、厄除けが目的のもの。
笹の葉だけでちまきのかたちにつくられていますが、たべられません。

新緑が日一日緑の濃さを増してきました。
行楽に絶好の季節です。
一日楽しんだあとは「はじめてのお灸moxa」で、
その日の疲れはその日のうちに…。
連休後半もお楽しみください。
* 季節 * 09:00 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ