<< 聖護院大根 | main | 母なる伊吹山 >>

贈り物はたからもの



今日はクリスマス。
サンタさんのプレゼントにとびきりの笑顔の子供達にあえる日です。クリスマスプレゼント、バースデープレゼント、結婚祝、入学祝------
ヒトにモノを贈ることって、とてもよくあること。

いただきものを誰かに贈る「お福分け」なんていい言葉につつまれた贈り物もありますが、贈り物って相手は決まっていて、さて何を贈ろうかと思いめぐらすことからはじまるのがおきまりのパターン。

贈り物というのは、ヒトの心をあたたかくする力があるとよく言われます。それは贈られるほうはいうに及ばないことですが、実は贈るほうの心もあたたかくしてくれるからです。何にしようかに始まり、あれでもない、これでもない、そのたびに相手のことを考え相手のことを思い浮かべて---------それこそ何日も時には何十日もかかる場合もあったりして。悩む相手のあることこそ、とても心をあたたかくしてくれることなのです。

思い悩んで時間がかかった訳ではないのですが、日本にはなんと20年もかかるプレゼントがあります。思いたったらまずすることは木を植えること。
木は桐の木。日本各地に見られる桐の木は、軽くて防虫効果もあるところから衣裳ダンスとして最適とされてきました。しかも成長が早く20年もすると太く成長し立派にタンスになることから、娘が生まれると桐を植えるという素敵な風習が日本各地にありました。成人する日の娘の姿を見守りつづけるというまさにオンリーワンプレゼントという言葉にぴったりの思いのこもった贈り物だったのです。

又、こんなオンリーワンプレゼントの話もききました。
20才のクリスマスの日、ある娘さんがお母さんから贈られたのはシルバーのフォトスタンドだったそうです。そこには3才の頃の自分の写真と全く記憶にない絵が入っていたのです。その絵は3才過ぎのある日、娘さんが書いた絵で「mama」といってくれた絵でした。娘からのプレゼントでお母さんの宝物だったのです。
長い間、ささいな事で口答えする娘さんに何度「アナタはこんな絵を書いていたのよ」とこの絵を見せたくなるのを、成人の日のプレゼントにとじっとガマンしてとってあったのです。プレゼントを開いた時のその笑顔はまさにお母さんの子育てにかけてきた気持ちに十分こたえる笑顔だったとか。

贈り物は相手のことをおもう気持ちの深さなのかも知れません。
クリスマスが終ると今年も後わずか、一年間のハードな日々に耐えぬいてくれた肩に「はじめてのお灸 moxa」を、あと一週間をのりきるために---------。
来年もよろしくお願い致します。
* 季節 * 11:03 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ