<< 落葉焚き | main | 冷え >>

エンピツの木は香木


買ってもらったばかりの筆箱のフタを開けるといい匂いがしました。エンピツの匂いです。積木とは違ったちょっと大人の匂いがしました。エンピツは、きっとこどもがはじめて持つ自分の道具なのです。でも今、筆記用具としてエンピツが愛用されるのは小学校の間だけ。中学校ともなるとシャーペンに、そして大学ともなればパソコンに変わってしまいます。

考えをまとめるときのパートナーとしてのエンピツ。
あのいい匂いはきっと芯のニオイだってずっと思ってたのですが、実はあの匂いはエンピツの折れやすい芯をつつんでいる木の匂いだったのです。今ほとんどのエンピツの木は香りの強いインセンス シダーが使われています。インセンス シダー、その名の通りヒノキの一種で仲間にはエッセンシャルオイルが抽出されるシダーウッドがあるようにまさに香りのいい木なのです。
アメリカ西海岸、シェラネバダに自生するインセンス シダーは、幹廻り数メートル、高さ20メートルにもなるような巨木。
一本で70〜80万本ものエンピツができますが、無限というわけではないので、今では植林しながら木を伐り出しているそうです。

インセンス シダーがエンピツの木に選ばれたのは決して匂いがいいからではありません。節が少なく木目がまっすぐ通っていて折れやすいエンピツの芯を守るのにほどよい硬さでしかも削りやすいという点で最適だからです。

あんなにも多くのこどもの心をとらえてエンピツ好きに、ひいては勉強好き?にした点でエンピツの匂いの果たした役割ははかりしれないのです。
小学校に入学する頃まで匂いなんてそれほど意識しないで育ったこどもにとって、エンピツの香りの豊かさはきっとニオイの記憶、第一号なのかもしれません。

「はじめてのお灸 moxa 」はお灸でありながら本格的な自然の香りを持った世界ではじめてのお灸です。

「はじめてのお灸 moxa 」はせんねん灸ホームページカフェグローブのセレクトカフェで好評販売中です。
* 香りについて * 17:21 * comments(2) * - * - -

コメント

はじめまして、先日カフェグローブで「はじめてのお灸 moxa 」のくだもののかほりを注文させていただいて使っています。お灸ははじめてだったのですが、あまり熱くなく気持ちよく使えました。香りもいいので気に入っています。
毎日使って少なくなってきたので、仕事帰りにどこか買えるところはないかと、電話でせんねん灸さんに問い合わせたところ、「現在買えるお店はない。」とのこと。早くお店で買えるようになればいいなヽ( ´ ▽ ` )ノと思っていたら、先日友人が雑貨店で見つけたと持ってきてくれました。
売ってるとこあるんだったらちゃんと教えてください!!せんねん灸さんの電話の対応にちょっとがっかりしました(x_x;)
Comment by @ 2006/12/13 11:38 AM
コメント頂きありがとうございます。
お返事大変おそくなりまして、申し訳ありません。

只今、一部の雑貨店や、百貨店などで扱っておりますが、なるべく早く手に入れていただける様、努力いたしております。電話での対応がいきとどいませず、申し訳ございませんでした。

なお、当ホームページでも通信販売を行っております。
ぜひ、お試しくださいませ。
また、ご感想をお聞かせくださいね。

Comment by sennenq @ 2007/04/12 11:12 AM
コメントする









このページの先頭へ