<< 冷え | main | 九九消寒図 >>

香りも味のうち


外は木枯し、おでん屋さんの店内には「だいこん!」「はんぺん」「たまご!」「熱燗!」湯気の中、カウンターごしに注文の声がとびかいます。
おでん屋さんのおでんって、どうしてああも家庭でつくるおでんと違っておいしいのでしょう。
だしが違うとはよく言われるのですが、それだけではなく、あのたえず注文の声がとびかい隣のお客と肩をよせあいせまいカウンターをゆずりあって食べるあのテンポ。
湯気と香りをあげて、ひっきりなしにお客の前を行き来する注文の皿、何十種類もの素材の味がかもしだす一種独特の濃密な空気が支配するあのおでんの匂いが満ちた空間が家庭でつくるおでんとは決定的に違うようです。味覚というのは視覚、嗅覚、時には聴覚も含めたもの。見る、ニオイを嗅ぐと嗅覚は視覚に次いでたべものの世界では大きな役割を果たしているのです。

例えばメロンが出て来る、「あ、メロンだ」「そうメロンの香りがする」という認識があって、ではこの味は‥‥となるわけです。
それは味覚が本来「おいしい」の判断のためでものではなく、目の前のたべものが食べていいものか、腐っていないか、毒ではないかと判断するために発達したものなので嗅覚は視覚と共に目で見て、ニオイをかいで、口に入れる予備チェックの役割を果たしていたからだそうです。

近頃、大人気のコンビニのおでん。
人気上位は、だいこん、タマゴだとか。
各社が味の工夫、具の工夫にしのぎをけずっていますが、どの店もレジ近くで味のしみただいこんやタマゴの色とほのかな湯気と共に立ちのぼるおでんのニオイがきっと心をとらえているのです。

今、私達の嗅覚はもっぱら、いいニオイ、おいしいニオイに対してきわめて敏感になっており、消臭、無臭をうたった商品でさえテレビCMに次々と登場する時代を迎えています。
「はじめてのお灸 moxa」はそんな時代のニーズにこたえ、お灸の香りを抑えて、四つの香りを選んで楽しめるアイテムとして登場しました。
おでんが欲しくなるような寒い夜。おへその両脇の天枢や足の三陰交のツボに「はじめてのお灸 moxa」。
ぽかぽかした手足でぐっすりお休みください。


「はじめてのお灸 moxa 」はせんねん灸ホームページカフェグローブで好評発売中です。
* 香りについて * 11:52 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ