<< いいにおい | main | さくら物語 >>

これが好き。えらべる積み木

今やパソコンや使える調理器具まである子供のおもちゃの世界。
その一方で一時、ほとんど姿を消していた木のおもちゃが再びデパートのおもちゃ売場にたくさん並んでいます。しかし、今デパートに並んでいる木のおもちゃは、ドイツであったり、スイス、フランス、北欧などほとんどが外国のものばかりです。

木のおもちゃというと積み木。積み木は昔も今も、木のおもちゃというより子供のおもちゃの代表です。
積み木の歴史は約150年前、幼稚園の生みの親であるドイツのフレーベルが子供たちのためにつくったのがはじまりとされています。フレーベルは子供のあそびかたの特徴であるつくってはこわし、つくってはこわしのくり返しに適し、子供の表現にこたえるために立方体や円柱、三角形などを中心にした積み木をつくりました。
フレーベルの積み木は子供がちょうど片手でも持てるくらいの大きさ。積みあげたり、並べたりするなかで四角とか丸とか三角といったかたちを体で覚えていくのです。フレーベルの積み木はかたちも数も増えましたが、今も世界中でロングセラーをつづけています。

日本でも長く子供たちの心をとらえつづけてきた積み木のなかで、ユニークな積み木があります。木の家具で知られるオークビレッジの積み木がそれです。
家具づくりに使った木の木片を利用してつくられた積み木は、ぶな、なら、まつ、ひのき、けやき、かえでなど色も重さも肌ざわりも匂いも違う、10数種類の木の特徴を生かしたものです。丸みのあるやさしい手ざわりの積み木は無垢の素材がそれぞれの木の主張をしています。
手にすると重さも肌ざわりも確かに違います。くんくんするとひとつひとつ違った木の匂いがします。きっと子供たちに人気のある匂いの木があったり、好まれる肌ざわりの木があったりすることでしょう。
寄せ木の積み木は子供たちにえらぶ、比べることの楽しさも教えてくれる点で人気があるのかもしれません。

「はじめてのお灸 moxa」は香りがえらべるお灸です。その日、その時の気分で...4つの香りの中からどうぞ。

「はじめてのお灸 moxa 」はせんねん灸ホームページカフェグローブで好評発売中です。
* お知らせ * 11:32 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ