<< スプリング・エフェメラル(春の妖精) | main | The 木の芽 >>

春は寄り道回り道




25日、京都地方にも桜の開花宣言が出されました。歴史的暖冬の仕上げは雪、彼岸に入ってからの名残りの雪が京都にも舞いました。
今年の季節の移り変わりはなかなか激しく、三寒四温とは良くいったもの。

しかし季節はもう春─。

春分をすぎて七十二候では「桜始開」桜が咲きはじめるとあります。先週までの暖冬つづきの中、桜便りが例年より一週間から10日早いとの開花予想が実はコンピュータへのデータ入力ミスとかで訂正されましたが、あったかい冬になじんできた私達は、春の訪れが早いといわれればなるほど、さもありなんと開花予想の日まで誰も疑問を持たなかったほど記録的な暖冬だったのです。
しかしお天気に一喜一憂しているのはヒトだけで自然の営みの中で植物はすべて承知の上で着実に春を迎える準備をすすめているのです。

毎日通る道の近くに春になると寄り道廻り道したくなる道があります。
長さは数十メートルですが50年近くたった桜並木のある住宅街の道。
朝、駅に向う時間には人影もほとんどなく桜並木はひとりじめというぜいたくさがうれしくなる道なのです。
つぼみがふくらみはじめる頃にはじまってちらほら咲き、満開の時期、そして桜吹雪で道がすっかりおおわれるラストシーンと桜の季節には何度も足の向く道なのです。

そういえばタカラズカに通いつづけるファンに初日の舞台を見、ショーの完成された中日を見名残りの楽日を見るのが通の見方ときいたことがありますが桜のショーもその日、その日に違った表情を見せてあきることはありません。
私の桜道の春の公演、間もなく幕が開きそうです。チョット気分を春にフォ−カスしてあなたの近くの春を見つけに寄り道、廻り道をしてみませんか。

「はじめてのお灸moxa」の四つの香りの中からあなたの春を見つけて下さい。
* 季節 * 12:22 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ