<< 山笑う | main | レンゲ物語 >>

八十八夜



立春から数えて88日目、八十八夜は5月2日にあたります。
「八十八夜の別れ霜」ということわざがあるようにもうこの頃になると遅霜の心配もなくなり、種まき、田植えなど田作業も本格的なシーズンを迎えます。

夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉がしげる。あれに見えるは茶つみじゃないか、あかねたすきにすげの笠、と唄われてきたように京の茶どころでは八十八夜を迎えると茶つみのシーズンが始まります。しかし今は、茶つみも機械化が進みこのうたのように手で摘むのは抹茶や玉露となるお茶など一部にかぎられてしまいました。ほとんどのお茶は巨大なバリカンのようなカッターで刈り取られます。茶つみというより茶刈りなのでは・・・。
摘みとられた茶葉は直ちに蒸されます。蒸すことで生茶の発酵をとめ生茶に含まれる有効成分をとじこめるわけです。そのあと、茶葉はもまれて乾燥し保存されます。お茶の色があざやかなのは、こうした歴史の中で生み出された独自の製法によるのです。

最近温室栽培で年中新茶が楽しめるというニュースが話題になりましたが、本来はこの八十八夜の頃が一番茶の摘み取りのはじめで二番茶、三番茶とつづくのです。お茶のふるさとは中国、仏教と共に伝えられたお茶は、今でいう抹茶でした。煎茶をはじめ、いわゆるお茶は紅茶などもそうですが、煎じたエキスを飲むわけですが、抹茶は蒸してもまずに乾燥した葉茶をそのまま石臼できわめてこまかい粉末にひいて、それを飲むわけです。だからお茶の葉に含まれるビタミンやお茶の有効成分そのものをとることができるという健康食品なのです。

お茶が日本に伝えられた時はむしろ薬とされていたのもそのためだったのかも知れません。あざやかな色を楽しむための抹茶はひいたあとすぐ店頭に並びます。
20g入りなんてカンがあるくらい色と香りが大切にされてきた抹茶。
ともすれば作法がと敬遠しがちですが、今では野立てに使うにはもったいないような可愛い野立用の抹茶セットもあります。あなた流でお茶を楽しむというのはいかがですか。

「はじめてのお灸moxa」の香りのふるさとは京都・茶どころで生み出された「The vert」も又ちがったお茶の楽しみ方ができます。
* 季節 * 10:00 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ