<< 虹は7色? | main | 夏休み >>

旅の記憶はニオイの記憶




せまい石畳の道が海につづく小さな漁村のニオイ。
早朝の公園を埋めつくすばらの香り。
島中がわき立つカーニバルのニオイ。
あこがれの名画に出あえた美術館のひっそりとしたニオイ。

旅の記憶って、その時・その場所の光景と一緒にニオイまであざやかに残っていることってけっこうあるものです。
街の数だけニオイはあるとよく言われますが、旅というのはある意味では未知のニオイとの出あいでもあるのです。

そんな旅に今、なぜか「はじめてのお灸moxa」がひそかに人気なのです。はじめての体験の連続で、ストレスから体調をくずしたり肩こりやむくみなどなにかと体の変調に悩まれることの多い旅に、携帯にも便利なはじめてのお灸かと思っていたら、なんとそれだけではなく「はじめてのお灸moxa」のお気に入りの香りでホテルの部屋にこもっているニオイをけすためのアイテムとしても使われているのだそうです。

確かに旅先のホテルって、以外と見た目は清潔であっても微妙にその部屋、その部屋のニオイってあるものです。
しかも最近の超高層ホテルって窓も開かないのが普通。
最近では、タバコのニオイも喫煙・禁煙のフロアーを別にするとかチェックインの時に希望をきいてくれるホテルもありますが、それでもやはり日常のニオイとは違うのは仕方のないこと。
特にこれが海外のホテルともなればなおさら。
国によって違いますが、だれでも一歩部屋に足をふみ入れたとたん部屋のニオイに悩まされた経験ってあるはずです。

ほっとしたい部屋だから日頃からお気に入りの香りにつつまれて過ごしたい。
だから部屋に入ったらまず「はじめてのお灸moxa」の香りで体調を整えながら、部屋の香りもお気に入りの香りに変えてリラックスというわけです。
まさに一石二鳥。

この夏の旅、あなたも「はじめてのお灸moxa」をお忘れなく。
くだもの・はな・緑茶・香木、旅先にあわせて(その日の気分で)香りもお選びいただけます。
* 香りについて * 13:11 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ