<< 落葉は自然からの手紙です | main | 秋のランドマーク >>

神農さん



11月22、23日大阪の街は虎フィーバーでもちあがります。
……とはいってもこの虎、野球のタイガースではなくて神農さんの虎です。
神農さんをおまつりしているのは、日本を代表するくすりの町 道修町(どしょうまち)にある小彦名(すくなひこな)神社 日本の薬の神様である小彦名命と共に中国の医学の神様である神農をおまつりしているのですが、通称・神農さんと親しまれています。神農さんといえば、張子の虎。無病息災のお守りとして、この日に一年間家でおまつりした虎を神社に納め新しい虎を授かるために訪れる人でにぎわうのです。神農さんの虎は江戸時代、大阪でコレラが大流行した時、この道修町の薬屋さんが協力して虎の頭の骨を配合した薬を作り、神社で祈願して無料で配ったところ大評判となったため薬にそえていた張子の虎が無病息災のお守りとして今も大人気なのです。

神農は、中国の伝説の神様。農業を教え、又医学の祖としても知られています。
「百草の滋味をなめ、一日にして七十の毒にあう」と伝えられ自ら山野をかけめぐり身をもって薬草の発見につとめたために、やがてその毒によって亡くなったといわれています。

漢の時代に完成した漢方の古典にも「神農本草経」と神農の名がつけられるほど中国では尊敬されている神様。
漢方の原材料が中国から輸入されると同時に神農伝説も日本に伝えられ、薬の神様、神農さんと親しみをこめて呼ばれています。

神農にはじまる薬の歴史は数えきれないほどの体験を通して選ばれ残されたものが今日ある漢方であり、鍼や灸なのです。
今、漢方が人類の英知とたたえられるのは、健康を守るためのこうした先人たちの献身的な体験や研究の積み重ねによって成り立っているからなのです。

はじめてのお灸moxaの中にもこうした先人たちの工夫のDNAが受け継がれています。お灸という体を整える役割に、もぐさの香りにプラスして、その日の気分で香りが選べる工夫をプラスしています。
はじめてのお灸moxaで体調を整え、なにかとあわただしい師走に備えて下さい。

* 健康 * 11:38 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ