<< 余寒・予感 | main | 春のかぞえかた >>

春隣




春の気配をあらわすコトバに春隣というのがあります。春がもうすぐそばまできているというありさまを表現していて本来は冬の季語とされていますが、2月の雪の降った日数が15日をこえるほど近頃では記録的な寒さに見舞われた今年の京都では、今頃がちょうどぴったりのコトバのような気がします。

「お水取りが終わらないと」「お水取りが終わったら」と冬の終りに思いをめぐらす時、よく京都の人が口にする奈良・東大寺二月堂のお水取りの行事も15日未明に満行を迎えるとあって、ここ数日は急ピッチで春に向っています。

いつもの年よりうーんとお世話になった、ぬくぬくのセーターもマフラーも手袋も、もうお役ゴメン。ごくろうさまでした。

新聞に一旦発表された開花予想も、あまりの暖かさに訂正されて、京都は3月29日とか・・・。この開花予想の日は気象台の桜の花が5、6輪、花をつける日だそうで京都の花どころの花見時はもう少しあとになるのです。

今や桜の開花予想より注目を集めているのが花粉情報。
携帯の天気予報のTOPは、早くも雪の情報に変って花粉情報になり、毎日の花粉のとび具合が1時間毎の情報まで見ることができるほどです。
花粉症は、ヨーロッパでは19世紀にすでに枯草熱として報告されていますが、日本で1960年代にブタクサの花粉につづいてスギ花粉症が日本中にひろがり、なんと2000万人をこえる人が悩まされているそうです。
スギの木なんてどこを見渡しても見えないのに、どうしてスギ花粉症がというと、スギは風媒花、風にのせて花粉をとばし受粉します。そのためにスギ花粉は、軽く小さく風にのりやすいカタチをしていて、普通70〜80km、強い風の日には200kmもとぶといわれています。だから見たところどこにもスギの木なんて見えなくても花粉は飛んでくるのです。

日に日にマスク、ゴーグルのようなメガネの重装備の人が増えていますが決定的なスギ花粉症の対処方法はまだないようで、一番いいのは花粉の飛ぶ日は外出しないのが一番、なんていわれてもそうはいきません・・・。

そこで今回はお灸にも花粉症に対処するツボがあることをお知らせします。
詳しくは「ツボBOOK」又はせんねん灸のホームページで・・・。
はじめてのお灸moxaで是非おためし下さい。
* 健康 * 14:37 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ