<< 果実酒をつくる | main | 風鈴は風の呼び鈴 >>

雨が育てる

まだ梅雨のまっただなかというのに通りぬけた台風の影響からか真夏日がつづいています。しかしこれで梅雨が明けるなんてことはあまり誰も思っていないはず。
京都では「ギオンさんが終らないと」と語りつたえられた梅雨明けの日は、気象台より信じられているのです。

青梅雨というコトバもあります。梅雨の雨に草や木が生き生きと輝いて緑あざやかにする雨のこと、この季節、森の樹々はいのちの水を根や幹にしっかり貯えて、やがてくる夏の炎暑にそなえています。

森の母と呼ばれるブナは幹に耳をあてると水を吸いあげる音がきこえてくるといわれるほど、たくさんの水をたくわえるのです。
水を貯えいのちを育くむ森はその一方で豊かな恵みをもたらしてくれます。

東日本大震災で大変な災害がおこった宮城県気仙沼でカキ養殖をつづけてきた畠山さんらが23年前に始めた森がしっかりしていれば海はよみがえると、海に流れ込む川の上流の森に木を植え海の水質改善をめざした「森は海の恋人」の植樹祭は、今年も全国から支援者もかけつけて1000本余りの木が植えられました。

森の腐葉土から栄養が海に流れ込みプランクトンを育てることで海水と淡水が入りまじる汽水域でカキが豊かに育つという考えではじまった活動を今年もとぎれることなくつづけられました。

畠山さんは植樹祭で「たとえ大津波にあっても漁師は決して海をうらむ気持ちはありません。きっとこの海から来年はカキを出荷してみせます」と力強く語ったそうです。

山に木を植える。それは人の心に樹を植えること、今年、畠山さんが植えたのは、しなりが強く折れにくいアズサの木だったそうです。

季節はめぐり、やがて夏は必ずやってきます。

ヒトが自然の営みに自分をフィットさせて生きてきた智恵を思い出すことが今年の夏をかしこくやりすごすことかと・・・。

夏の養生には「はじめてのお灸 moxa」を、足三里のツボへ。
一度にたくさんより、少量を毎日続けることが効果的です。
* 季節 * 13:22 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ