<< 秋を知る | main | ビスケット >>

タマゴサンド


京都でオムレツをはさんだボリュームいっぱいのタマゴサンドがよく話題になっていますが、宝塚には半世紀近くもずっとタカラジェンヌ御用達というフワフワのタマゴサンドがあります。

タカラジェンヌの劇場見舞としても人気のあるこのタマゴサンド、かわいいボックスを開くとギッシリとフワフワのタマゴが目にとび込んできます。

よく見るとタマゴとタマゴの間に押されるようにパンが見えます。タマゴでパンをはさんだようにも見えるこのタマゴサンドは京都のタマゴサンドのオムレツとは違ってスクランブルエッグがはさまれているのです。
かつてこのお店のオーナーが神戸で出逢ったタマゴサンドの味に魅せられ、試行錯誤の末にいつしか独自のフワフワのスクランブルエッグをたっぷりはさんだ今のカタチを生みだしたそうです。

こだわりのタマゴを一度に50個も焼くことができる巨大なフライパンでまずスクランブルエッグを焼きます。
表面がトロトロの時に火から降ろし一定時間むらすとフワフワ感いっぱいのスクランブルエッグができます。
そして、まだあたたかい間にこのサンドイッチのためにつくられた添加物や保存料を一切入れない自然発酵のマヨネーズを加えると独特のやさしい味のスクランブルエッグに・・・。
軽くトーストしたパンにはさんで出来上がり。
フワフワタマゴとタマゴの味ってこんな味だったんだなっと納得できるのが人気の秘密です。

定休日は歌劇の公演内容により変更がございますと案内にもある通り、歌劇とともに成長してきた宝塚のタマゴサンド、公演のたびに全国からかけつけるヅカファンの列ができることもしばしば。

9月に入り、空気が乾燥してきました。お肌のお手入れにもせんねん灸「はじめてのお灸moxa」を。乾燥肌のツボは足の太白です。
sennenq01 * - * 19:36 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ