<< はさむ クリップ | main | 唐板 日本最古のお菓子だって >>

梅が咲いたヨ

きのうは立春、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日がつづきます。

しかし今冬は沖縄でも寒さのため海水の温度が急にさがり、魚がショックで仮死状態となって海岸に打ちあげられるほどの寒波はありましたが、ここまでのトータルではあたたかい今年の冬です。

梅で知られる京都北野天満宮では例年に比べ、約半月も早く梅園がオープンしました。

この天神さんの梅と競うかのように見事に咲いた梅を京都で発見。
尾形光琳のあの「紅梅白梅図」をモチーフにつくりあげられたこちらは糖芸菓子の梅、なんと砂糖でできた梅です。

糖芸菓子は砂糖など菓子づくりの原材料で花鳥風月を表現したもの、菓子職人の高い技術と表現力ではじめて実現する京都ならではのアートなのです。
京都では昨秋から「琳派400年」をテーマにさまざまなイベントが展開しています。これは「糖芸菓子で楽しむ琳派」と題して京菓子資料館で展示されているのです。


琳派とは本阿弥光悦と俵屋宗達によって開かれ、後に尾形光琳によって江戸中期を代表する一派となり、絵画だけにとどまらず工芸をはじめ京菓子にまで影響を与えてきたのです。
独得の大胆かつ斬新な図柄は「光琳菊」「光琳梅」などと呼ばれ今も親しまれています。

春は光からといわれるように日一日、日ざしがなんとなく明るくなってきました。
この時期、私たちのカラダも気づかないうちに春の準備をはじめています。

春は苦みを盛れといわれるように、春の山野菜は冬のカラダを春のカラダにリセットするために欠かせないのです。
この時期は「はじめてのお灸 moxa」で代謝力をアップして春のカラダづくりを応援しましょう。
sennenq01 * - * 09:35 * comments(1) * - * - -

コメント

ブログはいつ見ても楽しくためになる
唐板もとめに
京都まで足を伸ばします
せんねんきゆう
は太陽が  お好みです




















Comment by ばあ様 @ 2016/02/29 3:36 PM
コメントする









このページの先頭へ