<< ひつまぶし | main | 錦の天神さん >>

春は桜色


桜のシーズンを迎えテレビは連日各地の桜の開花宣言を取上げ、雑誌も桜特集。デパートではお花見弁当の売出しが例年より桜の開花が早くなったためにくり上がったとか、桜にまつわるニュースでにぎわっています。

桜ときくと私達の心はなぜかうきうきしてきます。神代の時代から、桜は神さまが宿る木、桜に豊作を願う信仰がありました。
そして桜は奈良時代には貴族の間で桜の花を楽しむ風習が生まれ、江戸時代には庶民にお花見がひろがったという歴史を見るまでもなく、日本人はいつの時代も桜を特別の花としてきました。

日本の伝統色の桜色というのは、ほとんど白に近い山桜が重なりあって見える淡い色を設定しています。
そのほのかな桜色をボトルにとじこめた桜ワインを見つけました。まさに今が旬のワインです。
ボトルを透かして見ると、淡い淡い色のロゼワインの中に桜の花びらがうかんでいます。まさに春限定のワイン。
その色をおもわせるフルーティな甘口の中に淡い桜の香りが立ちのぼってきます。

この桜ワインにちょうど似合う「さくら」と名づけられたチーズもあります。
ヨーロッパのコンクールで数々の栄冠に輝くこのチーズは日本にこだわり、日本由来の酵母を生かして発酵させた日本独自の風味が世界で賞賛されているのです。
桜のやさしい香りがするチーズの上には、塩づけの小さな桜のツボミがひとつ。日本の春を雄弁に語っています。

今週はいよいよ桜の見頃を迎えそうです。今年のお花見の予定はもう立っていますか。嵐山、清水寺、円山公園、京都の桜の名所は連日大にぎわいですが、ちょっと意識すると身近なところにも美しい桜がきっとあるはずです。
人ごみの桜と違って一本の木を自分で独占して見ることができる桜を見つけるお花見もなかなかです。
是非今年は挑戦してはいかがですか。

花をたずねて歩くと意外と遠くまでついつい歩いてしまうことも…。
桜狩りのあとは「はじめてのお灸moxa」を足三里に。
腰のツボ腎兪や志室に火を使わないお灸もおすすめです。
sennenq01 * 季節 * 09:35 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ