<< 錦の人 若冲 | main | けし餅 秀吉も口にした? >>

ザクロ 紅一点


梅雨の晴れ間に顔を出す太陽の光はもう夏そのものの力強さですが、その日ざしに似合うのがザクロの花。

ザクロの実は秋の季語ですが、ザクロの花は夏の季語です。
梅雨のたっぷりの水ですっかり緑の色を濃くした自然の中で強い日ざしをはね返すような赤い花には、いかにも夏の花といえる華やかさと強さがあります。

「紅一点」私達が日頃よく使うこの言葉は実はこのザクロの赤い花のこと。


中国の詩人 王安石は「万緑叢中紅一点」とみどりの中の一輪のザクロの花の鮮やかな印象をこううたいました。
日本に伝えられたこのコトバは明治に入り、数あるものの中で異彩をはなったものの意味として用いられるようになり、やがて花というところから男性の中のたった一人の女性の意味として定着してきたのです。

ザクロはペルシア生まれ、シルクロードを通り、中国から日本に生薬として、又鑑賞用として伝えられました。食べられるようになったのは明治になってからとか。

ペルシアでは古くから、その実は美肌、健康効果が良く知られ、子孫繁栄を願う女性に強く支持されてきました。

5000年もの昔から女性の果実とされてきたこのザクロにはビタミンB、Cやポリフェノールが豊富。又、その種には女性ホルモンの一種でエストロゲンと似た働きがあり、ホルモンのバランスをととのえるところから「子宝の果実」とも呼ばれてきました。
それが今、妊活をめざす女性には妊活ジュースとして注目を集めています。

五月雨に ぬれてや紅き 花柘榴

再び雨が降りはじめています。日変りで変化する天候で体調をくずしがち。
今こそ、お灸で養生の季節です。「はじめてのお灸 moxa」を足三里に胃腸の調子をととのえ、元気の出るツボです。
sennenq01 * - * 09:35 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ