奈良の秋


古都奈良の秋の幕開けは正倉院展。
58回目の今年は10月24日から11月12日まで奈良国立博物館で開かれます。
正倉院は東大寺大仏殿の北西に建つ校倉造の大倉庫。東大寺の大仏をつくった聖武天皇の遺品を納めるためにつくられました。
大陸との交流が盛んであった天平時代を代表する宝物が約9000点も納められています。
今、宝物は戦後建てられた鉄筋コンクリート造りの収蔵庫に移され保存されています。
正倉院の宝物は御物(ぎょぶつ)と呼ばれる皇室所蔵品であるため、見ることはできないのですが、毎年秋に数十点ずつ展示公開されるのが正倉院展なのです。

シルクロードを渡ってきた群青色の鮮やかな瑠璃坏やインドの五絃琵琶などの世界の美術工芸品のほかに当時の上流階級の生活用具や衣裳・楽器などの品々が良いコンディションで残されていることでも知られています。
おびただしい収蔵品の中には60種類もの薬があります。そのほとんどが外国産。朝鮮人参・甘草・大黄・サイカクなど今でも漢方でおなじみのものがたくさんあるのです。そして、薬の中には香薬と呼ばれる香料も残されています。
なかでも有名なのが「蘭奢待(らんじゃたい)」と呼ばれる香木。長さ156cm、重さ11.6kgという巨大な香木は東南アジア産の沈香とか…。
1997年の正倉院展で公開されましたが、香木の一部が長い歴史の中で織田信長らによって削り取られた痕が残っていることでも知られています。「蘭奢待」という漢字の中に東大寺(蘭→東、奢→大、待→寺)という文字が隠されているのもおもしろいですね。
その他にも、ジャコウ・白檀・桂皮・木香・琥珀などの香薬が残されていますが、いずれもお香としてより薬の原料として用いられていたようです。今では赤ちゃんの薬のようになっている「奇応丸」は東大寺ではじめてつくられた薬で主成分は沈香の粉だそうです。

正倉院展が終わると奈良の紅葉は日一日色鮮やかさを増します。
はじめてのお灸moxa、香木のかほりは、白檀・桂皮・丁字などを組み合わせたもの。
秋の夜長…お灸をしながら香木の香りで1200年を越える天平文化へ想いをはせてみませんか?

はじめてのお灸moxa は、11月1日発売予定です。
* 香りについて * 18:22 * comments(0) * - * - -

緑茶の香りはナチュラル


お茶は「夏も近づく八十八夜」との童謡にも歌われているように立春から数えて八十八日目、大体五月の始め頃に茶摘みの季節を迎えます。しかし、近頃では地球温暖化の影響もあり、ずいぶん早くから茶摘みを始めるとか…。

初夏の太陽をあびて育ったあざやかなお茶の葉は、摘むとすぐ強力な蒸気で蒸すことで葉に含まれるビタミンCなどを分解する発酵を止め、その日のうちに乾燥して茶箱に密閉されて貯蔵されます。
そうすることで、若芽のあのみずみずしい色、香り、味をそっくり茶葉の中に封じ込めたお茶になるのです。

平安時代、仏教とともに日本に伝えられたとされるお茶は鎌倉時代、栄西禅師が当時中国で行われていたお茶の製法とその飲み方を伝えたことで、上流階級を中心にひろがりました。
最近お茶に含まれる成分が注目を集め生活習慣病などの予防にも効果があることが証明されていますが、栄西禅師がその『喫茶養生記』に「茶は養生の仙薬、延命の妙術なり」と説いている様に、当時の中国ではお茶が薬として飲まれていたのです。
ちなみにその時伝えられたお茶は、お茶の葉をそのまま石臼で挽く、今でいう抹茶でした。1000年近くも前にすでにお茶の優れたチカラに注目していた東洋医学ってすごかったんですね。

近頃、お茶の香りそのものをダイレクトに楽しむことが注目を集めています。香水系の香りが苦手という人に、茶香炉であたためることで香りが立つ緑茶の香りがブームを呼んでいるのです。
お茶のナチュラルな香りはリラグゼーション効果があり、香りのアロマテラピーとしても有効なのです。

せんねん灸 はじめてのお灸 moxa Thé Vert (緑茶のかほり)はほどよい温熱でお灸がはじめての人にもスムーズに効果が楽しめ、しかも緑茶の香りで心身共にリラックスできるすぐれもの…。
Thé Vert(緑茶のかほり)をはじめとする4種。まもなく登場します。
(はじめてのお灸 moxa は11月1日発売)
* 香りについて * 15:35 * comments(0) * - * - -

ネ(nez)


初夏の南フランスは丘を埋めつくすラベンダーをはじめ彩り豊かな花畑がぬけるような青空の下どこまでも続きます。
香水のまちとして数百年の歴史を持つグラース(Grasse)はカンヌから17kmほど山に入ったところ。街は名だたる香水メーカーがいくつもあります。

春から秋にかけて毎日、近郊の村からおびただしいハーブが運びこまれます。バラ・ジャスミン・ラベンダー……。今日摘み取られたばかりのバラの花が香りの工場に集められて大きな山になっていてびっくり。
エッセンシャルオイルを抽出するためなのですがその量は半端ではありません。

このグラースは有名な調香師(パフューマー)を数多く出していることでも知られています。生まれた時から花の香りにつつまれて育ったからなのかな?
そんな調香師の頂点に立つ人たちは、なんと「ネ(nez)」鼻の意の称号で呼ばれています。
香りのスペシャリストを尊敬をこめて鼻と呼ぶなんてなんだかとってもストレート。
でもどんなに科学が進歩してもデリケートな香りのニュアンスをかぎわけるのはヒトの鼻が一番とか。「ネ」となればなんと3000種類以上もの香りがかぎわけられるそうです。

バラの花ひとつでも、その年、その日の気候、花摘みの時期、摘んだ時刻などの微妙な自然条件も知ることが調香師には必要なんだそうです。なんかソムリエがワインのテイスティングに、ぶどうのとれた地方だとか、畑だとか、丘の畑が谷間であるとか、仕込んだ年数であるとかで味わいわけるという話に似ていますね。

私の立ち寄ったグラースの香水会社FRAGONARD(フラゴナール)はのんびりとした旧市街にあり、バラの種類の多さとバラにもレモンの香りやバニラの香りがするものがあってとても興味深かったのを覚えています。

はじめてのお灸moxaはバラの花を中心とした、はなの香りを含めて4種。
お灸をしながらお気に入りの香りを楽しんでください。あなたの「nez」はどの香りを選ぶでしょうか?
* 香りについて * 13:54 * comments(0) * - * - -

お気に入りの香りで部屋をみたす


それは、何年か前の秋のドイツ。とある街の古い木造の小さなホテルでの朝の出来事。
目を覚ますと部屋にはなぜかほのかにリンゴの香りが・・・。でも部屋のどこにもリンゴなんて見当たりません。
不思議だと思いながら朝食のために部屋を出ると廊下はリンゴの香りでいっぱいです。ガチャンと扉のしまるエレベーターで1階に降りると、有りました香りのもとが。日本では見たこともない粒の小さなまっ赤なリンゴ。かごに盛られてエレベーターの脇でフルーティな香りをただよわせていたのです。

朝食を終えた宿泊客のほとんどの人が、そのリンゴを手に取り、鼻をクンクンさせたり、そっとポケットにしまって部屋に帰っていきます。ちなみにヨーロッパのリンゴはズボンのポケットに入るサイズがいい大きさとか。酸っぱいのでお菓子や料理に使うことのほうが多いようです。お酒にもなります。
リンゴを手にした宿泊客がホテルの中を往き来することで、その朝のホテルの中がリンゴの香りにつつまれていると、何か特別なイベントにでも参加したようなうれしい気分になったのを覚えています。

お気に入りの香りで部屋を飾る。
はじめてのお灸moxaはくだものをはじめとする4種類。お灸をしながらお気に入りの香りでお部屋を飾るなんてのはいかがですか?
はじめてのお灸moxaは11月1日発売予定です。
* 香りについて * 11:02 * comments(0) * - * - -

香りの時間差タッチ


はじめてのお灸moxaに火をつけると、まず香るのはお灸本来のもぐさの香りです。
そしてつづいて、くだものやはななどのそれぞれの香りがひろがります。
これは、もぐさの香りは、もぐさが燃えるときの香りであり、くだものやはななどの香りは巻きもぐさの中のお香にとじこめた天然の香りエッセンスが香るからです。
このお香にとじこめた香りエッセンスは、お香が一定の温度になると香りたつという性質があります。だからお香の燃えている場所ではなく、そのほんの手前があたためられてくると香りがひろがり、2つの香りがミックスされてはじめてのお灸moxaならではのやさしい香りが実現したのです。
いわば香りの時間差タッチ…。

お灸は気持ちいいけれどもぐさの香りはちょっとというあなた、はじめてのお灸moxaでお部屋の香りもその日の気分で変えてみませんか?
はじめてのお灸moxaは今、Fruits, Bouquet, The Vert, Encens の4種類。その次の香りへのトライも始まっています。
* 香りについて * 16:20 * comments(0) * - * - -
このページの先頭へ